前へ
次へ

少子化と小児医療の医師不足等の関係

日本は高齢化と同時に少子化も進行していますが、小児医療や保育園の充実が求められています。
子供の数が減れば、小児医療や保育園等の必要性も下がりそうですが、両親が共働きになる社会的変化等で社会的なニーズが増している現実があります。
ただ少子化が進行したのと同時に小児医療に携わる医師の人数も不足しており、子供達の病気を治す為に奮闘している現場は非常に大変な状態になっています。
若い世代の人達に住んで貰う為に、各自治体がそれぞれ助成制度を設けて子供達の医療を支えていますが、経済的に余裕がある自治体が手厚い助成制度を設ける事で、人口が更に一部に集中する状況にもなっています。
地方の過疎化した地域は医療を充実する事も難しく、子育て世代から敬遠されて、更に過疎化が進む状況できていますし、一つの問題が様々な問題に波及していく状況になっています。
小児医療は通常の医療よりも医師の負担が多いので、国が協力する必要がありますが、高齢化が進行している状況で更に社会保障費を増やすのは難しいのが、現実です。

Page Top