前へ
次へ

小児医療もインフォームドコンセントの時代です

近年の病院は小児医療といえどもインフォームドコンセントの時代です。
できることはできるというし、できないことはできないとはっきり知らせてくれるのです。
インフォームドコンセントは地球の裏側のアメリカで考えられた思想です。
インフォームドコンセントの特徴は素人にもわかりやすく説明をしてくれるということです。
専門用語をできるだけ控え、患者たちにわかりやすい言葉で説明してくれます。
小児医療病院の説明体制や説明資料が十分に備わっているような病院を選べば、それだけで子供達の病院通いは安心なのです。
日本ではまだまだ専門用語を医療現場で使うところが多いです。
その最たるものが医者のカルテではないでしょうか。
ドイツ語か何かで書かれているので、何を書かれているのかさっぱり分かりません。
患者が理解できないことをスラスラと書くのですから、時には心配になるのが当たり前でしょう。
そんな心配を完全に払しょくするために考えられたアイデアがアメリカ発のインフォームドコンセントです。

Page Top